平成29年3月に改正育児・介護休業法が公布されました(施行は平成29年10月1日より)。主なポイントを調べてみましたので、育休の役に立てれば嬉しいです。

保育所に入れない場合など、2歳まで育児休業期間の延長ができます

現行では1歳6ヶ月までしか延長できませんでしたが、今度の改正では1歳6ヶ月まで保育所に入所できない場合再度申請することができ、最長2歳まで延長できるようになります。また、育児休業給付の支給も延長されます。

スポンサードリンク

出産予定の方やその配偶者に対し、育児休業関連の諸制度等を知らせる

本人や配偶者の妊娠・出産に際し、どのような制度を利用できるのか?休業中や休業後の待遇や労働条件などはどうなるのか?ということについて事業主は知らせる努力義務が必要(以下のような情報を周知すること)。

【パパ休暇】

ママの出産後8週間以内の期間内に、パパが育児休暇を取得した場合には、特別の事情がなくても再度パパが育児休暇を取得できる制度。

【パパ・ママ育休プラス】

両親が共に育児休暇を取得する場合、原則子どもが1歳までの休業可能期間が、子どもが1歳2ヶ月に達するまで延長される制度(2ヶ月分はパパorママのプラス分)。

育児目的休暇の導入を促進

【努力義務として】
未就学児を育てながら働く方が子育てしやすいよう、育児に関する目的で利用できる休暇制度を設ける努力義務が創設(例:配偶者出産休暇、ファミリーフレンドリー休暇、子どもの行事参加のための休暇など)。

厚生労働省公式ページ:http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/34.html

育児目的休暇を推進しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク