広辞苑の改訂(第7版)について、ネットからの検索方法などを紹介

岩波書店が発行する広辞苑が10年ぶりに改訂されます(第7版)。広辞苑について、分かりやすく説明します。

広辞苑とは

岩波書店が発行する日本語国語辞典で、1955年に広辞苑の初版が発行されました。それから、新語や仮名遣いの変更などにより新しいものが発行され続け、2018年1月12日に第7版が10年ぶりに発行されることになりました。また、三省堂が発行している大辞林とは国語辞典の両雄と言われています。

スポンサードリンク

広辞苑の意味

広辞苑の名前は昭和初期に発刊された「辞苑」の改訂作業を引き継ぎ、発行元を岩波書店に変えて書名を広辞苑に改めたのが名前の由来です。

広辞苑第7版

新たに発行される第7版には新語として定着してきた以下の言葉が追加されます。
「安全神話」「上から目線」「がっつり」「自撮り」「立ち位置」「アプリ」「デトックス」「パワースポット」「LGBT」「限界集落」「東日本大震災」「雇い止め」「ふるさと納税」「ips細胞」「浜通り(福島県)」「モラルハラスメント」「ブラック企業」

収録を見送った新語は以下の通り。
「アラサー、アラフォー、アラフィフ」「ググる」「TPP」「豊洲市場」「ほぼほぼ」

広辞苑辞書無料検索

基本的に広辞苑の正式な物をインターネットで無料検索するサイトはありません。ただし、モバイル版「広辞苑」があり、スマートフォン・携帯・タブレットで閲覧することができます(月額100円:税別)。「単語検索」「ジャンル別検索」「慣用句の検索」「漢字」など、色々な検索方法を利用できます。その他無料コンテンツも充実しています。

公式ページ:https://www.iwanami.co.jp/news/n17132.html

スポンサードリンク
スポンサードリンク