PrimoPDFの無料ダウンロード方法、日本語版について

PDF文書作成ソフトとして多くの方々に利用されているソフト「PrimoPDF」について、ダウンロード方法や日本語版などについて分かりやすく解説します。

PrimoPDFとは?

PrimoPDFはOffice文書やWebページ印刷、様々なWindowsアプリケーションから高品質なPDFを作成できる優れたソフトです。作成したPDFにはフォントを埋め込むことができたり、文字列の範囲を選択したり、コピー、キーワードでの検索などにも対応しており、非常に便利で多くの方々から支持されるソフトウェアです(現在では開発されておりませんので、新たなバージョンはありません)。

スポンサードリンク

 

PDF出力のオプションは5種類あります。

1.スクリーン・・・スクリーン表示用に適したPDFファイルを作成しますが、品質が下がる場合もあります。
2.印刷・・・家庭用、オフィスのプリンターでの印刷に適したPDFファイルを作成。
3.e-book・・・e-Bookでの使用に適したPDFを作成。
4.プリプレス・・・業務用プリンターで印刷するのに適したPDFを作成。自動的に全てのフォントが埋め込まれるのが特徴。また、高解像度で処理するため、ファイルサイズが大きく、重くなってしまいます。
5.カスタム・・・オプションの設定で、パスワード入力や文書情報(タイトル、サブなど)の追加をすることができます。

※PrimoPDFは無料のソフトウェア(フリーソフト)のため、activePDF社およびエクセルソフト株式会社からのユーザーサポートはありませんので、ご注意ください。

PrimoPDFの日本語版ダウンロード無料

対応OSはWindows2000/ XP / Vista / 7です。PrimoPDF 4.1はWindows7での動作確認はできていますが、それ以降のバージョンでは確認されていません。以下「窓の杜」と「Vector」から日本語版のダウンロードが可能です。
※因みにWindows7への正式サポートはPrimoPDF 5からです。以下に公式ページを貼り付けておきますが、全て英語で表記されておりますのでご注意を。

窓の杜 PrimoPDF日本語版公式ページ:https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/primopdf/
Vector PrimoPDF日本語版公式ページ:http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se436494.html
PrimoPDF公式ページ:http://www.primopdf.com/

スポンサードリンク

スポンサードリンク