扶養控除とは?130万円の壁、扶養控除申告書ダンロードについて

扶養控除とは?130万円の壁、扶養控除申告書ダンロードについて説明。

扶養控除とは? 配偶者の事

扶養控除とは旦那さんが働いていて旦那さんの扶養に入っている場合に控除される税金の額です。旦那さんでなく女性が主体で働いている世帯は奥さんの扶養に入っているのでこの場合旦那さんが控除対象者になります。配偶者とはパートをする側という事ですね。

知っておかなければいけない扶養控除 130万円!

(扶養控除の金額)

扶養控除 金額 計算

区分 控除額
一般の控除対象扶養親族(※1) 38万円
特定扶養親族(※2) 63万円
老人扶養親族(※3) 同居老親等以外の者 48万円
同居老親等(※4) 58万円

2018年の扶養控除改正によって扶養控除が150万円以内でも所得控除の対象になるという事で話題になっていますよね。ここで130万円という数字が出るのは130万円から扶養が外れるので社会保険もしくは国民年金に加入しなければいけない枠だからです。

これは意外な落とし穴ですので注意したほうが良いでしょう。実は今回の改正、保険とは全く関係がないという事です。150万以内だったら税金が安いというのはあくまでも所得控除や所得税特別控除のことで健康保険や年金には関係のない話!

130万円以内で働くという事は旦那さんの扶養から外れる事になりますので社会保険や国民年金を毎月支払わなければいけないのです。社会保険って毎月13,000円以上しますよね。

という事は150万円働いたら13,000円×12=156000円のマイナス!1,344,000円が年収となるので130万円以内で働いている人と大差がないという結論になってしまいます。

150万以上もっともっと働くか130万以内で働いた方が無難な感じがしますね。

扶養控除と配偶者控除違い

扶養控除は、16歳以上の扶養親族がいる場合に受けられる所得控除です。
親族は、民法上、6親等内の血族および3親等内の姻族を指し、親や祖父母も対象となります。大学生などでアパートを借りて一つ屋根の下に暮らしていない方も対象となります。配偶者控除とはその名の通り奥様などでパートをされている方の控除ですね。

扶養控除申告書 平成30年 PDF,エクセルダウンロード!

実は国税庁のホームページに扶養控除の申告書のダウンロードページがあります。PDFファイルではダウンロード可能です。念のため添付しておきますね。アドレスはこちら:https://www.nta.go.jp/gensen/nencho/

扶養控除見本

扶養控除申告書の見本はこちらです。➠➠扶養控除見本

ただ国税庁のホームページではエクセルがないんです。エクセルで記述したい方はこちらをダウンロードください。

平成30年版➠エクセル/控除申告書

給与所得者の控除申告書です。ご参考にしてくださればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です