平成30年の配偶者控除と配偶者特別控除!パートはどうなる

配偶者控除とは

配偶者控除は給料をもらっている人に65万円の控除をする法律です。収入があると税金を収めないと行けないのですが65万円控除してくれるので所得税を収めなくても良いのが利点ですね。よく聞く103万円の壁というのがありますが元々配偶者は38万以下なら働いても税金がかからないので配偶者控除38万円を足せば所得税がなくなるため103万円が有名なんですね。

配偶者控除と配偶者特別控除

配偶者控除は年収が103万以内の人が38万円控除されるものです。
配偶者特別控除は年収が103万円~141万円の人が38万円以下の控除がされるものです。141万円に近づくに連れて控除額の38万円がだんだん少なくなるという感じです。

用は通常は配偶者控除ですが103万円を越えたらすぐに税金が高くなるわけではなく伸びしろ部分にも配偶者特別控除というのがありますので少しオーバーしたぐらいなら急に税金が高くなるという事はありません。ですがこの前置きをした方が分かりやすいので書きましたが平成30年の配偶者控除違います。

スポンサードリンク
 

配偶者控除 平成30年 改正

改正は配偶者特別控除にあります。平成29年の配偶者特別控除は103万円~141万円だったのに対して改正後では

103万円超150万円以下なら、夫は配偶者特別控除としてまるまる38万円の所得控除が受けられるようになります(夫が年収1,120万円以下(合計所得金額900万円以下)の方のみ)。

また201万円まで旧法のように150万超えたら急に控除がなくなるというわけではなく201万まで38万以下の所得控除が受けられます。ですから年収165万円の人でも控除額があり26万円の控除もあります。

配偶者控除(パート)130万円の壁に注意!

2018年の配偶者控除改正によって配偶者控除が150万円以内でも所得控除の対象になるという事で話題になっていますよね。ここで130万円という数字が出るのは130万円から扶養が外れるので社会保険もしくは国民年金に加入しなければいけない枠だからです。

これは意外な落とし穴ですので注意したほうが良いでしょう。実は今回の改正、保険とは全く関係がないという事です。150万以内だったら税金が安いというのはあくまでも所得控除や所得税特別控除のことで健康保険や年金には関係のない話!

130万円以内で働くという事は旦那さんの扶養から外れる事になりますので社会保険や国民年金を毎月支払わなければいけないのです。社会保険って毎月13,000円以上しますよね。

という事は150万円働いたら13,000円×12=156000円のマイナス!1,344,000円が年収となるので130万円以内で働いている人と大差がないという結論になってしまいます。

150万以上もっともっと働くか130万以内で働いた方が無難な感じがしますね。

 

スポンサードリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です