オーストラリア(ケアンズ) コアラに触れる旅と口コミ評判

ケアンズはオーストラリア大陸の北東に位置するクィーンズランド州の洗練された景観及び大自然に取り囲まれた都市で、日本人をはじめ世界から観光客も多いのが特長です。なかでも世界遺産に登録されている世界最古の熱帯雨林気候のため、過ごしやすといえそう。筆者はケアンズには3~4回訪問しており、気に入っている場所です。筆者がコアラに触れた時はケアンズトロピカル動物園が閉園前の時でした。また、グレートバリアリーフはサンゴ礁地帯として超人気で客足は絶えることはありません。

ところが、オーストラリアといえば有袋類動物コアラですネ。誰もがコアラに触れてみたいと思うのではないでしょうか? オーストラリアではコアラに触れることができる場所は制限されており、ここクィーンズランド州は触れることに対して認可しています。オーストラリアは自然に対する保護精神がとても強くコアラに触れること以外にもいろいろな場所で制限がありますので、留意することは非常に肝要です。因みにコアラに触れることができるのはクィーンズランド州のみです。


スポンサードリンク
 


【おすすめのコアラに触れることができるオーストラリア(ケアンズ) 動物園】

ケアンズでおすすめのコアラに触れることのできる動物園をピックアップして紹介します。

ハートリース動物園・・・ケアンズトロピカル動物園が2016年3月に閉園し、そこにいた動物達がハートリース動物園に引越しして今日までに続いている人気の動物園です。場所としてはケアンズから北方へ40km程度、或いはポートダグラスから南方へ20km程度行ったところにあり、以下のような特長があります。

[特長その1]コアラに触れて抱っこできること。有料(AU$20)で写真を撮ってくれること。

[特長その2]クロコダイルクルーズが有名です。というのもクロコダイルをジャンプさせながら餌付けするシーンが見られること。迫力満点です。

[特長その3]カンガルーに餌をあげることができます。

住所:Captain Cook Hwy,Wangetti Beach(P.O.Box 171,Parm Cove)、4879

電話:07-4055-3576 <現地電話番号です。日本からかける場合は国際電話の掛け方に準拠します。>

行き方・・・ケアンズからサンバーム・トランスポート・グループ・コーラルリーフコーチを利用すると便利です。或いはポートダグラスにおいても同様です。

営業時間:8:30~17:00夜間営業については予め確認してください。

営業日:毎日。但し、クリスマスデーを除きます。

入場料:大人AU$37、子供(4~5才)AU$18.5、家族AU$92.5

ハートリース動物園以外の動物園としては「キュランダコアラガーデン」がありますが、筆者は残念ながらここの動物園は訪れていません。キュランダを訪ねたことはあり、素晴らしい日本では味わうことができない景観でした。因みに行きは高原列車を、帰りはスカイレールを利用しました。特にスカイレールから見る景観は言葉を失ったことを覚えています。

口コミで聞く限りキュランダ熱帯雨林気候の地域にあるため、コアラに触れる以外の目的で行かれることを勧めます。

オーストラリア(ケアンズ) コアラ【評判(口コミ)】

コアラに触れた感触として、毛は結構ふわふわしていて柔らく心地よかったという感想が多いようです。体長は70~80cmで、爪は鋭く尖っているものの抱き方さえ注意すれば抱っこするには大きさは手頃です。抱き方を間違えてコアラを抱きますと、コアラは落ちないように爪をたてる習性がありますので、現地の人のアドバイスを良く聞いてふさわしい抱き方で抱っこすることを勧めます。また、動物園では夜行性の動物をより楽しんでもらうために夜に営業していることがありますので、現地で確認のうえ、コアラに限らず他の動物も楽しむことを勧めます。コアラはユーカリを好んで食べますので、ケアンズ郊外をドライブする場合は、ユーカリの木と枝が分岐した箇所に野生のコアラを見つけられる可能性がありますので、楽しんでみて下さい。筆者も幾度となくそんなコアラを発見しました。

また、北半球と南半球では季節が反対になります。日本の夏はケアンズでは季節としては冬に当たりますが、赤道に割と近く南緯は低いため寒くはありません。つまり、気温はほとんど東京都とほとんど変わらないといえます。南緯の高いシドニーであれば、ケアンズと違って日本の夏時点では寒いです。ケアンズは南緯は低いため、気温は1年を通して余り変動がないといえます。とても過ごしやすい場所といえます。


スポンサードリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です