おすすめのガントチャート エクセルフリー無料ソフト

ガントチャートに関するソフトは非常に多くて、どれがどういう点で良いのか等においては全くといっていいほどわからないことがあって振り回されているのではないでしょうか? 筆者の長年のSE経験と実績からいいますと、EXCELを利用したものがシンプルで使い勝手が良いと思われれます。筆者のおすすめは「Excelでガントチャート」という名のソフトです。ポイントは短時間、操作簡単、予実の視認性、完了の明示等が挙げられます。


スポンサードリンク
 


下図は「Excelでガントチャート」のサンプルです。

Excelでガントチャート」のソフトをダウンロードするには、検索窓にExcelでガントチャートというキーワードを入力します。

”ダウンロードはこちら”が表記されているバナーをクリックします。下図が表示されます。

出力されている表示メッセージとバナーをクリックします。

続いて同様に緑色のバナーをクリックします。その結果、画面の下位に

が表示されます。保存したい場合は保存ボタンをクリックして自分が指定するフォールダーに名前を付けて保存します。保存をしない場合は開くボタンをクリックしますと、ganttchart.lzhというLZHファイルがダウンロードされますので、このLZHファイルをLhasaという解凍するソフトで解凍しますと、ガントチャート・ソフトであるEXCELファイル「ganttchart.xls」が実行されて、ガントチャートの利用が開始可能となります。

【使用法】

項目名、開始日、終了日の入力

日付の入力は10月6日ではなく、10/6という形式で入力

完了日は自分たちの表記ルールに準じて入力。たとえば、完了であれば、◎と入力。

スケジュール期間に変更があった場合は、設定ボタンをクリックして設定フォームが表示されますので、新たな開始日と終了日を入力。

各表示項目に対する色付けは自由に可能。

設定画面例]sheet3に設定画面が表示されています。

【留意事項】

このソフトはVBAで開発されていますので、VBAエラーが出力されることがあります。たとえば、列Dを削除しますと列番号が崩れて滅茶苦茶になります。この場合はVBAエラーが表示されますので注意することです。というのもそれぞれの列の役割は決めていて、その規定に準じてVBAはコーディングしていますためです。sheet2に制限事項がまとめられていますので、熟読の上、利用してください。


スポンサードリンク
 
スポンサードリンク