廃盤CDを探す!ショップや入手方法などを紹介

 

「この名盤が!どうしてこのCDが廃盤になったんだろう?(LPでも結構ですが)」というようなことはありませんか?答えは「売れなかった」「一部の層にしか売れなかった」「名盤だけど気づかれなかった」などなど、理由は様々でしょう。私も欲しいCDがゴマンとあるのですが、未だに手に入れられないものや高額過ぎて手が出せないものなどあって、悔しい思いをしています。で、せめて音源だけでも・・・と思って、YouTubeなどで音源を探したりすることがたまにあるんですが、YouTubeでダウンロードすると違法になるケースもありますし、何より音楽好きを自称している自分としては現物が欲しい!という忸怩たる思いでいます。ということで、廃盤CDや音源を探す方法をご紹介します。ありきたりかもしれませんが、何かの参考になればと思います(ちなみに私はロック、ポップス、ハードロック、ヘヴィメタルが大好物です)。

ディスクユニオンで探す

 

新品や中古のCDを販売している最大手。新品はタワーレコードやHMVなどで注文したり、店舗に向かえば購入できますが、中古品は売っていないのでもちろん廃盤はありません。一度タワーレコードオンラインに「おお、これは!」と思うものが、「在庫あり」になっていました。とりあえず半信半疑で注文してみたのですが、結局在庫がなかったようでお詫びのメールが来たことがあります(笑)。私は転売目的のせどりとかではなく、純粋に音楽が好きなので悔しかったのを今でも覚えていますし、忘れられません。

ということで本題に移りますが、大都市にあるディスクユニオンに行けば、かなりの確率で購入できると思います。東京だと御茶ノ水や新宿、池袋、渋谷などに多数の店舗があるので、大変ですが全部まわれば欲しいものが手に入るかもしれません。ただ、大都市に住んでいない方だと、ディスクユニオンが近隣にないため、わざわざ足を運ぶのは難儀ですよね。

そんな場合はディスクユニオンオンラインがあります。ここではウォントリストを200枚まで入力できるので、ガンガン欲しいものを入力しておけば、いつかはメールが来ると思います。一応5,000円以上購入すると送料が無料になったり、10%割引などを行っているときもあるので、お金を貯めて一気に購入するのもいいかもしれません。私もいくつか欲しいCDをウォントリストに入れていますが、貧乏なのと高額なのでなかなか購入に至りませんが・・・。でも、ちょこちょこと入荷メールが来るので登録しておいて損はないでしょう。


スポンサードリンク

ヤフーオークションで探す

 

ヤフオクで探すのはもう鉄板です。よく1円スタートで出品されている方もいらっしゃいますし、最初からディスクユニオンの店舗より高額をつけていて、さすがに「誰がこれをこの金額で買う?」というものも見かけます(笑)。しかし、結構うまく検索をすれば引っかかってきますので、とても便利なのがヤフオクです。ただ、値段の競り合いになることも多いので、金額にこだわらずに入札するか、ある一定のラインまで入札するかを決めるしかないですね。あとは、こちらもウォントリスト的なものがあるので、希望の商品名などを書いておけば、連絡が来ることが稀にあります。ただ、こちらも最初から結構な金額をつけている方も多いので、購入の際には気合を入れて向かわないといけませんが・・・。

 

Amazonで探す

 

まぁ、こちらも同じく鉄板と言えます。個人的にAmazonもよく利用させてもらっていますが、欲しい商品が激高になっているものもあって、プライムじゃない出品者に足元を見られている感が半端ないです。ディスクユニオンで7,000~8,000円くらいで売っている廃盤CDが、今では44,000円くらいになっていたりして、かなりエグいなというものが多々あります。ライヴDVDも一時期2,000円くらいで売っていて、「今買わなくて大丈夫」と高をくくっていたら19,800円に跳ね上がってしまい、あの時買っておけば良かったと悔やんでも悔やみきれないこともあります(そのライヴDVDは未だに買えていません)。こちらも欲しいものリストがあるので、今は買わないけどいつか買おうとキープしておくのに便利です。

 

ブックオフで探す

 

以前は随分と希少価値に頓着せずに安く販売していたありがたい時期がありましたが、今はブックオフも廃盤のCDなどに高値をつけるようになってしまっています。好きでもないCDを購入して転売するせどりの方々が沢山購入して転売した影響も少なからずあるでしょう。我々のように純粋にその音源が欲しい音楽好きとしてはたまったもんじゃないですけどね。ただし、まだまだ良心的なところもあり、ディスクユニオンやオークションなどで5,000円くらいする商品などが、たま~に2,750円とかで売ってることもあります。しかし、それを見つけるのがなかなか困難なため、ブックオフを1店舗ずつまわらないといけないのが難点と言えます。

 

YouTubeなどで探す

 

最後に一番使いたくない手ですが、YouTubeなどの動画サイトで探すという手があります。最近の音楽の聴き方は、ストリーミングなどが主流になっており、CDの売上は激減しているのが現状。ただ、日本人のCD購入率は世界で一番なので、まだ日本はましなほうでしょう。現在はアメリカなどで大御所がCDを出しても以前のようには売れません。だから、配信だけになってしまったりするんですよね。まぁ、配信してもらえるので音源の入手は可能ですが、これが廃盤になって金額が高くなってしまうとそうはいきません。最近では、輸入盤のボーナストラックと日本版のボーナストラックが違ったりして、輸入盤の音源が入手できないなどのケースもあります。

結構そういった音源がアップされているので、ダウンロードするか否かは別ですが、YouTubeなどで試聴してみるのがいいでしょう。