廃盤CD/DEATH ANGEL「THE ULTRA VIOLENCE」(デス・エンジェル)の紹介、相場や入手方法

正直、自分が持っているCDが廃盤なのかどうなのか、分からないことが多々あります。随分昔に購入して、ディスクユニオンなどの中古も売っているCD屋に行ったら廃盤で値段が高くなっていたので気がついたなんてケースもあります。ただ、今では意外に「廃盤CD 検索」というふうにネットで入力すると、結構調べられるんですよね。今回紹介するのは多くの方がご存知かと思いますが、ベイエリアスラッシュのDEATH ANGELの名盤「THE ULTRA VIOLENCE」をご案内。


スポンサードリンク

DEATH ANGEL/THE ULTRA VIOLENCE(デス・エンジェル/ザ・ウルトラ・ヴァイオレンス)の紹介

私が中学校3年生か高校1年生くらいの時にデビューをしたDEATH ANGEL。バンドの平均年齢が若かったのを覚えており、「自分とあまり変わらない年齢でこんなバンドやってんの?」と衝撃を受け、笑ってしまうほどでした。メンバーが全員10代ということもあり、この頃のプレイは荒削りな感じがしますが、パワフルで勢いがあり、まさに80年代スラッシュの名盤と言って間違いありません。捨て曲なし!です。

タイトル曲のTHE ULTRA VIOLENCEはスラッシーかつテクニカル、曲展開が凄まじい素晴らしく緊張感のあるインスト曲です。

バンドが解散して一時期THE ORGANIZATIONに変わりましたが、そちらは廃盤になってるのかなっていないのは調べていません。しかし、全く高額にはなっていないので、物があれば数百円単位で入手可能です(この記事を書いた段階ではAmazonで350円(送料別)でした)。

THE ULTRA VIOLENCEの話に戻りますが、こんな名盤がなぜ廃盤なんだろうと改めて思います(もしかしたら輸入盤は普通で買えるのかもしれません)。現在では昔発売された輸入盤、日本盤共に結構金額が張ってしまうのは仕方がありません。輸入盤のほうが若干価格は安いですが、帯がなければそこまで金額は変わらないように思えます。日本盤は帯付きで綺麗だと結構な金額になりますのでね・・・。

DEATH ANGEL/THE ULTRA VIOLENCE(デス・エンジェル/ザ・ウルトラ・ヴァイオレンス)DVD-BOXの相場や入手方法

ある程度の金額を出して日本盤の帯付きを入手しても構わないですが、10数年前に輸入盤でリマスターされたボックスセットが出ましたので、そちらを購入してもいいかもしれません。ボックスセットにはCDがリマスターされ、プラスボーナスDEMO音源、貴重なDVD映像などが満載なので、こちらを購入しても全く損はないというか、むしろお勧めです(この記事を書いた時にAmazonで調べてみたら、17,800円(送料別)で発売されていました)。

これはあまり好みではないし、お勧めする訳ではありませんが、音源を聴きたい方はYouTubeで試聴できますよ。ただし、ダウンロードは違法になる可能性があるので、こちらのサイトで推奨している訳ではありません。

YouTubeで音源を試聴するのはこちらから

※追記:先日ブックオフの某店に行ったら、このアルバムの輸入盤が売られていて、なんと5,250円(だったような)でした。ちょっと輸入盤でこの金額は高いと感じたのですが・・・。余計なお世話ですが、この金額で売れるのか?と心配です(笑)。