htmlサイトをワードプレス 移行する方法は? 実は移行ツールはある!

htmlサイトをワードプレス 移行する方法は一言でいうと移行のためのソフト、あるいは移行ツールはありません。移行の基本は、手作業でコピペを繰り返しながらコツコツとやるしかありません。もちろん、コピペはテキストが中心です。画像はコピペをしてもレイアウトをワードプレスようにした場合のことを考慮する必要があります。

まずは移行手順を書いてみます。

[手順-1]テーマフォルダの作成を行います。

[手順-2]作成したテーマフォルダに画像JavaScriptのコピペを行います。

[手順-3]CSSをテーマフォルダに読み込ませます。

[手順-4]この段階でテーマを宣言します。

[手順-5]一旦この段階でindex.phpを作成を行います。

[手順-6]テンプレートファイルを分割します。

[手順-7]固定ページの作成を行います。

 

 

以上が主な手順のためのプロセスとなります。しかし、ワードプレス化にあたって検討を行う項目があります。

[検討-1]ナビを含めたURL構造の検討

[検討-2]ワードプレスに適したメニュー機能の検討

[検討-3]ウィジェットに関する機能の検討

これらの項目を検討した結果を反映すべく作業を行います。

 

 

移行する場合に非常に重要なことがあります。それは現行サイトを必ずバックアップしておくことです。移行する場合はhtmlからワードプレスへの切替は時間を空けることなく一瞬に行う必要があります。利用のサーバー状況にもよりますが、大概はバックアップ後は移行したワードプレス成果物をサーバーにアップロードすることになります。ということは、テストをどこまで事前にでいるかが課題となります。そこで、ローカルでサーバーを作ることができれば、いろいろと時間を掛けてテストを行うことができます。ローカルサーバーの構築にはmampが効力を発揮しそうです。つまり、mampをインストールして移行作業と移行後のテストを行っていきます。こうすることで十分な時間を掛けてテストを重ねることが可能となります。

【海外製の移行ツールの案内】

たったの15秒程度でhtmlからワードプレスに変換するツールがあります。そのURLであるhttps://htmltowordpress.io/を検索窓に入力して検索しますと、以下のような画面が出力されます。

変換ツールをダウンロードして起動させると、以下のような画面が表示されます。

この表示された画面の中央部分に移行元のサイトのzipファイルをクリック&ドロップしますと、わずか15秒程度で変換が完了します。ここで注意することは移行元サイトのテーマのみが対象となっており、全ページを移行する場合は固定ページの制作を行う必要があります。固定ページの移行にはテキスト中心のコピペ作業で可能となりますが、手間暇はかかります。つまり、簡単ではないのです。要注意です!

【html環境からwordpress環境に移行するにあたって】

html環境はローカルであるが故に、自分の移行計画に沿って進めることができますし、オープンする日もきっちりと確定させることが可能です。片や、wordpress環境はサーバー環境であるため、移行テストが円滑に進めることが非常に難しという欠点があります。前述のmampを利用して予めローカル形態で移行試験を繰り返してオープン出来る状態して、はじめてサーバーに一気にアップロードする手順を踏襲しなければなりません。