AIの次に来る遺伝的アルゴリズム ブロックチェーン マシンビジョン IoTか?

AIの次はどんな技術がやってくるのだろうか?

この課題に対しては直感的に間違いなく分散化され、それを支えるテクノロジーではないでしょうか。今までの集中管理には限界に近づいていて、コントロール不能の状態に陥リそうな様相を帯びつつあります。というのもデータ量がものすごいスピードで増加傾向を辿っていて、そのたびにAIも進化していくと考えられます。従来のニューラルネットワークにおける集中的なアルゴリズムでは立ち打ちできなくなってしまうリスクガ大いに予想できます。やがて遺伝的アルゴリズムが復活して分散系のシステム構築に強力な力を発揮しそうな気がします。データ量の増加は世界的にみて前年比で1.4倍の割合で増加傾向にあり、これは2年でデータ量が2倍に増加していることになります。これをみてももはやディープラーニング、すなわち識別/回帰系タスクでは適合しなくなってくると考えられます。このような状態においてのパラメートの最適には遺伝的アルゴリズムがふさわしい議論が復活しています。

次に予想されるのはブロックチェーンではないかと考えられます。

ブロックチェーンこそ分散系の数々のシステムに適したものはありません。ただ、残念なことにスケーラビリティに関する問題は未だ解決に至っておらません。具体的にはDapp、分散化の考えを実現させるためには、インフラレイヤー及びアプリケーションレイヤーが開発されて始めてフィージビリティがOKとなるのです。一般的には、インフラレイヤーを開発するには5年から10年かかるといわれています。

IoTの必要性がますます望まれる。

権力が一箇所に集中することほど不安定なものはありません。そういう意味では分散的であり、かつ、自律的であることが重要となってきます。自律的であればあるほど、全体の解が最も適した解であるといえるのです。これを裏返すとますますIoT(=Internet of Thing)の活動が望まれることになってきます。IoTにカメラ(視覚)を組み込んでマシンビジョンという技術を確立することでマシンビジョンIoTの具現化に繋がっていきます。まさに、Machine to machineという形相に置換される産業構造が生まれてくる考えられています。

データを最適化はAIが最も得意としています!