仮想通貨経験者だとこの取引所ランキングになる!

仮想通貨は2017年頃から結構知名度を上げてきましたよね。ですが2018年頃から下火になり2019年にはまた勢いを増してきました。

2018年頃からだいぶ取引所もなくなったり新しいのができたりとようやく現在整理整頓ができたという感じでしょうか。私はずっと取引をしていたので友達から「どこが良いの?」と聞かれれば「ここ」という感じですぐに説明できます。ここで記述する内容もまだ仮想通貨をやったことがない初心者の友達にすすめる感じで考えてみました。

仮想通貨取引所をランキングするとこんな感じ!

仮想通貨の取引所は今この数社になっています。人気の取引所順にランキングするとこんな感じでしょうか。おすすめ順です。

*ビットバンク
*コインチェック
*リキッドバイコイン
*ビットフライヤー
*GMOコイン
*DMMビットコイン
*SBIバーチャルカレンシーズ
*ビットトレード
*ビットポイント
*ディーカレット
*ザイフ

去年のランキングであればビットフライヤーやザイフは必ずベスト3に入っていましたが1年でこんなに変わるんですね。それもそのはずザイフはハッキング事件から元気がなくなりついには新規登録もできなければまともに取引もできなくなりました。ビットフライヤーも同様で最近は新規登録(2019年6月に)ができるようになりましたが半年以上ものあいだ新規登録ができませんでした。コインチェックもハッキングがありましたが今は完全復活間近という感じです。

ビットポイントもハッキング被害に遭いましたね。
今現在でいうとビットバンクの圧勝じゃないかなという感じです。
「GMOやDMMの方が知名度があるじゃないか」と思いがちですが取引できる通貨がそもそも数個しかありませんし手数料無料と言っておきながらスプレッドが高いので結局トータルお金を払う事になるでしょう。高いといイメージです。
またDMMはFXの方に力を入れていますから現物の人はなおさら微妙かもしれませんね。
結構すすめているサイトがありますが広告料が高いので広告料欲しさに推しているのかなという印象です。

リキッドはまあまあ良いですからビットバンクやコインチェックがどうしても嫌ならリキッドという感じです。取引量が少ないのであまりおすすめしません。SBIも知名度がありますが今はできたばかりで取引している人が非常に少なくこれからという感じ。

仮想通貨取引所のまとめ

結論から言うと今はビットバンクが断トツです。まだハッキング被害もないですし取引量が日本では一番多いかもしれませんね。ビットフライヤーが取引量が多いように感じますがコインマーケットキャップなどではビットバンクの方が今は多くなっています。2番目はコインチェックです。もともとコインチェックは日本の取引所の最大巨頭でありハッキングさえなければ1位でもおかしくない会社でした。一回侵入されているので不安かもしれませんが現在は大手マネーパートナーズグループで吸収されているのでセキュリティ面も不安が解消されています。また通貨の数や取引量も中々でなにより手数料がも安いです。今はもう参入してもよいかもしれませんね。ハッキングで流出した通貨のお金も全部返したらしいですし。

最後にハッキング被害にあった取引所を書いておきます。

・ザイフ ネム 2018年 被害額約470億円

・コインチェック 2018年 被害額約67億円

・ビットポイント 2019年 被害額約35億円

ご参考になれば幸いです♪