無料データ検索高速ソフトEverythingダウンロードと口コミ・評判

あのデータはどこのフォールダとファイルに格納したのかなーと思い出しつつ、ファイル・エクスプローラを利用して探しているキーワードを設定して検索しているのではないかと思います。この方法でも検索して探すことはできますが、時間がかかるのが欠点です。様々な検索条件を指定して高速にデータを検索できるソフトがEverythingという名のソフトです。

高速化するために、インデックス構造を採用したことが一つの要因です。Everythingを始めて起動させる時点でインデックスを自動に作成するしくみとなっています。その後はリアルタイムに更新するロジックとなっています。

[検索技法] インクリメンタルサーチ方式による対応を基本として、論理積(AND)検索、論理和(OR)検索、ワイルドカード・スタイル検索、正規表現に基づく検索などといった多種多様な機能を持ち合わせているソフトです。

また、検索可能なファイルはNTFS形式、ReFS形式のファイルが対象となっており、と同時に、ファイルはドライブ内に存在することとなっています。かてて加えて、本ソフトが有している”ETPサーバー”機能をフル活用させてネットワーク上にあるパソコンの中に存在するファイルも検索対象になり、便利かつ効率のいい検索が行うことができるようになります。ただし、この場合は本ソフトを対象となるパソコンに対して起動させておく必要があります。

インターフェースはシンプル

システム負荷を軽減させるため、Everythingは起動中常に監視を行って、変更だけをインデックスに反映させるロジックを採っています。

利用シーンに応じたカスタマイズ

★検索条件のフィルター登録

★ブックマークとして保存可能

★検索履歴のサーチ、並び替えなどのショートカットキーの豊富な準備

【ダウンロード法】

無料データ検索高速ソフトEverythingをキーワードに検索します。

ナビに沿って、「Everything」高速なファイル検索ソフトをクリックします。

使用しているパソコンの環境が32ビットか64ビットかを確認して該当するバナーをクリックしてダウンロードを行います。

即実行したい場合は実行ボタンをクリックします。その結果、以下のような画面が表示され、ナビに従って作業を進めます。

これらの画面が表示された後にインストールが行われ、Everythingが起動可能となります。

【口コミ・評判】

Windows10におけるおすすめのソフトの一つという声を耳にします。様々な検索条件とフィルター機能、ひと昔存在していた大容量データ・ファイルのソートでタグ・ソートを使っていたことを思い出して懐かしいという声も聞きます。とにかく、データが増大すればするほど貴重なソフトといえそう。検索するのにストレスを感じないことが何よりも喜ばしいという声も聞こえてきます。