無料動画編集ソフトLightworks Freeダウンロードと口コミ・評判

近頃、時代の流れでyoutubeが非常に盛んで、デジカメやスマホ等で撮った動画を加工してyoutubeにアップロードして、お金を稼ぎたいとか、知り合いに動画を宣伝したいなどというニーズが多いようです。動画編集ソフトに有料と無料がありますが、無料版に着目してみます。動画は静止画を連続的に再生した上で、様々なエフェクト効果を織り交ぜて作成して1本に纏めたものです。ということで、動画の編集面をみれば至ってシンプルで、容易な作業といえます。このとき、様々な動画の合成、加工を施しながら演出を加える過程を組み入れるとなれば、途端に専門的に色を帯びて難易度は一気に上がります。つまり、操作性に留意してソフトを選択する必要が出てきます。

[動画編集プロセス・イメージ]

そこで、Lightworksはプロフェッショナル向けにEditShare社が開発したソフトで、当初は優良で販売されていました。現在は無料ソフトとして人気を博しています、その理由は当初からプロ向けに開発したことから機能面、操作面に重きにおいているためです。AviUtlよりおすすめだと言われています。ただし、無料として取り扱う場合には会員登録を行う必要があります。その他に、LightworksはAdobe Premiereに非常によく似たソフトになっており、ショートカットのカスタマイズによる操作性に特長をもっていて、作業効率はとてもいい。エフェクト面においても1~2回のクリックで加工作業が完了します。タイムラインに対する編集もドラッグ&ドロップ方式で自由自在に編集調整が可能となっています。とにかく、プロ級のソフトといえます。

[無料動画編集ソフト例]

現在、フリーソフトとして下記のようなソフトがあります。それぞれ一長一短ですが、自分に合ったものを選んで利用することが肝要だと考えます。あと留意しないといけない点はどのようなファイル拡張子で保存されるかという点です。youtubeにアップロードして発信する場合は特に問題はありませんが、サイトを中心してホームページに組み込んで発信する場合は拡張子にチェックを入れる必要がありそう。サイトからyoutubeに飛ばす場合は埋め込みコードがオープンされますので、発信は容易にできます。と同時にブラウザによっても様々な制約条件がありますので、要注意です。

LightWorks
Avidemux
AviUTL
Blender
Windowsムービーメーカー

 

【動画編集ソフトLightworks Freeダウンロード】

動画編集ソフトLightworks Freeで検索します。

押下した途端、いきなり無料ではありますが登録を求められますが、支障のない範囲で登録して作業を進めた方が円滑にいきます。

画面の指示に沿ってユーザ情報を登録します。

登録が終了すればダウンロード選択画面が表示され、32ビットか64ビットかを選択します。ここでは、64ビットの例を述べます。

lightworksのexeモジュール名が表示され、実行ボタンを押下します。保存をしたい場合は保存ボタンを押下してから実行ボタンを押下します。

画面に沿ってインストールボタンを押下します。その結果、下記の画面をダブルクリックして操作を進めます。

言語の選択を行います。

言語を選択しますと、セットアップウィザード画面が表示されますが、画面ナビに沿って行っていきます。

【口コミ・評判】

Windowsのみならず、Mac、Linuxにも対応したクロスプラットフォームで、すこぶる評判が良いようです。編集された動画はmp4形式で保存ができるため、サイト関連にも柔軟に対応している点も評価を得ているようです。