iPhoneSEに関するQ&A集(1)ー リセットと復元編

2020年3月に第2世代 iPhoneSEが日本で発売されました。これを機にやがてはガラケーのサポート停止などでガラケ時代終わりが訪れることからスマホに機種変更を検討している人々もいると思います。筆者の伴侶もその一人で、さっそく彼女を伴ってガラケからiPhoneSEへの機種変更を行いました。筆者の場合は旧タイプのアンドロイドのスマホから最新版スマホに機種変更を行ったばかりでした。

 [iPhoneSE本体]  [ホームボタン]

ガラケからiPhoneSEに機種変更する際にまず驚いたのは取扱説明書(取説)らしきものがないことでした。対応している人も技術レベルがまちまちで、結局は自分で勉強しなければならないという状況です。IOSについてはほとんどオープンされている情報が乏しいのが現実です。

そこで、iPhoneSEに関するQ&Aライブラリとして緻密にしたためていこうと考えました。まず最初はスマホがコンピュータであることから、リセットについて述べることにします。

【リセットについて】

リセットというのは出荷状態に戻すことをいいます。つまり、パソコンをはじめ、コンピュータにはしばしば調子が悪くなりスムースに使えなくなることが起こります。こういう場合は工場を出荷した時点に戻して改めて再度使用するほうがベターといえます。その手順を説明します。

1)ホーム画面

ホーム画面  から設定ボタン  を探してこのボタンをタップします。

2)タップ後の手順は以下の通りです。

操作-1) 一般をタップします。

 

操作-2) 次に「リセット」をタップします。

操作-3) 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

操作-4) 下記の画面が表示されますので、「iPhoneを消去」をタップします。

操作-5) 下記の画面が表示されますので、そのまま待機します。

操作-6) 下記の画面が表示されますので、該当するバックアップ元を選択してタップします。

これで出荷状態に戻り、買った時の状態で使うことができます。

【iCloudバックアップからの復元】

iCloudにセーブしていたデータから復元させるイメージは下記のとおりです。

操作-1)WiFiに接続後、「iCloudバックアップから復元」をタップします。

操作-2)バックアップしたときのアップルIDに対してサインインします。具体的には、メールアドレス及びパスワードを入力して、「次へ」をタップします。

操作-3)「復元の前に」という画面が表示されます。それを確認して「続けて」をタップします。

操作-4)「利用規約」が表示され、それを熟読して確認します。確認後、問題がないということであれば「同意」をタップします。

操作-5)「バックアップを選択」画面がされますので、復元したいバックアップをタップします。その結果、復元プロセスが開始されます。

操作-6)この時に「スライドで設定」が表示された場合は、右の方にスライドします。そうしますと「パスコード」が要求されますので、初期設定時に入力したパスコードを入力します。

操作-7)しばらくしますと「アップデートが完了しました」というメッセージが表示されますので、「続ける」をタップします。

操作-8)次にアップルIDを入力して、「次へ」をタップします。

操作-9)次に「iCloudキーチェーンを使用しない」をタップ後、続けて「さあ、はじめよう!」をタップします。

操作-10)「Appleとメディアを復元中」という画面が表示されると、復元成功ということで「OK」をタップします。これでめでたしめでたし! 復元されて自由に使うことできるようになりました。

【バックアップから復元されるもの】

復元されるものとして以下のようなものがあります。

No 復元されるもの
iPhoneSE設定時情報
iPhoneSE設定時メッセージ
ホーム画面
アプリの配信
撮影した写真
撮影した動画
App Storeでインストールしたアプリが再ダウンロード

 

【iTunesバックアップから復元】

Macの場合は「Finder」を、Windowsパソコンの場合は「iTunes」を起動させます。Windowsパソコンの場合には、予めiTunesアプリをダウンロードしてインストールしておく必要があります。起動後の画面は以下の通りです。

操作-1)デバイス(iPhoneSEスマホ)をUSBを介して接続させます。

操作-2デバイス(iPhoneSEスマホ)に対するパスコードが求められますので、該当のパスコードを入力します。

操作-3)「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示され、それに対して回答していきます。

操作-4)次に「バックアップを復元」を選びます。

操作-5)バックアップした過去の日時が表示され、適切な日付のものを選択し、「復元」ボタンをクリックします。

操作-6)クリック後は復元完了するまで待機します。この間、暗号化したバックアップのパスワードを要求されることがありますので、この場合はナビに沿って入力します。

操作-7)同期のプロセスが始まりますので、終わるまで待ちます。同期が完了すれば、デバイス(iPhoneSEスマホ)をコンピュータから切断させて終了となります。