iPhoneSEに関するQ&A集(3)ーモバイルデータ通信/デザリング/ペアリング編

iPhoneに限らず、スマホにおいては様々な通信手段を行うことができます。ガラケ時代からの通信規格であるLTE(=Long Term Evolutionの略で携帯電話用の通信回線規格をいいます)方式はスマホあるいはタブレットの類のモバイル・デバイスに対する通信手段として採用されています。しかも、主に各携帯電話会社が所有する基地局をアクセスポイントとして電波を飛ばしていて、携帯電話会社によって周波数が異なります。海外に行った場合、WiFiを利用せずにローミング機能を使ってLTEを利用した場合は高額な請求が発生してします。しかし、日本の中で利用する場合はWiFiでほとんどが事足りますので、モバイルデータ通信をオフにしていた方がよいといえます。ただし、場所によってはWiFiの電波が行き届いていないエリアもあるため、必要に迫られてLTEで通信を行わざるを得ない場合はオンにして対応すべきでしょう。

目次

【モバイルデータ通信をオフにする場合】

操作-1)最初にホーム画面に以下のような設定アイコンをタップします。

操作-2)次にモバイルデータ通信をタップします。

操作-3)モバイルデータ通信のオンをタップします。

操作-4)その結果、モバイルデータ通信がオフとなり、モバイルデータ通信はオフ状態になります。

【デザリング機能を使ってインターネット共有】

デザリングとはiPhoneSE本体をモバイルルーター(WiFi)役割を担わせて、ノートパソコンやタブレット、ゲーム機などのデバイスと接続して、インターネット接続をする機能のことをいいます。街中には無料で利用できる公衆無線LAN(WiFi)が数多くありますが、同じ空間・時間で利用者が集中していると通信速度が極端に遅くなってしまいます。こんな時はなかなかインターネット接続ができません。そんな時、自分のiPhoneSEをモバイルルーター(WiFi)にしてインターネットを接続させてネットを楽しみましょう。今ではアンドロイド系のスマホ(ドコモ、auなど)、あるいは、格安SIMのUQモバイルもmineo(マイネオ)も無料で使用することができるようになっています。

操作-1)ホーム画面の設定をタップ→インターネット共有をタップします。

 

操作-2)WiFiがオフという画面が表示された場合は、「WiFiをオンにする」をタップ、その結果、インターネット共有がオンに変わります。

パソコンに接続させて使う場合、上記の青色で隠された部分にパスワードが記入されているので、これをパソコンの接続画面に入力して繋げます。このようにして、iPhoneがモバイルWiFiルータとしてインターネットに接続させることができ、これがデザリングと呼ばれている機能です。

【ペアリング】

ペアリングの操作手順について述べてみます。

操作-1)最初にホーム画面に以下のような設定アイコンをタップします。

操作-2)「Bluetooth」をタップします。

操作-3)接続させたい機器の電源を入れて、ペアリングモードに設定します。

 

操作-4)接続しようとしている機器が表示され、ペアリングしたい機器をタッピングします。

この段階で、「PINを入力」画面が表示された場合は、Bluetooth機器のパスコードを入力した後、「ペアリング」をタップします。

操作-5)ペアリング設定が完了したことを確認します。

操作-6)ペアリングを解除する場合はまず、「i」をタップします。

 

操作-7)「このデバイスの登録を解除」→「デバイスの登録を解除」をタップすると、ペアリングが解除できます。