iPhoneSEに関するQ&A集(5)ー Siri使用法編

Siriという言葉を耳にしたことありますか? アンドロイドの世界でも音声を取り扱う機能を持っていますが、Siriのような首尾一貫した機能を有したものはありません。SiriはiPhone、iPadに標準搭載されているアシスタントの役割を担う機能の一つです。しかし、残念ながらこのSiriをフルに活用しているケースはあまり見かけません。普段の生活の中での数ある利用場面を紹介します。

まず、はじめにホームボタンを長押しします。その結果、Siriが起動しますので、たまには手を休めて、口を動かして「iPhoneSE」に話しかけていきましょう。その利用方法を下記に列挙しますので、参考にして下さい。

ボイス操作(1)・・・予定のiPhoneカレンダに登録

「Hey Siri、明朝午前10時に営業戦略会議を登録」と話しかけますと、その結果、iPhoneカレンダに登録されます。「Hey Siri、今週金曜日午後7時に飲み会を登録」と声をかければ、同様にiPhoneカレンダにいとも簡単に登録されてしまいます。一声で完了してしまうところが非常に魅力です。以下にその例を表示します。

ボイス操作(2)・・・目覚まし時刻として設定

「Hey Siri、明日午前7時に起こして」というように声をかければ、目覚まし時計(アラーム)がセットされます。旅行時には実に役立ちます。

ボイス操作(3)・・・タイマーとして設定

パスタを茹でたり、蒸し料理を行っているときに、iPhoneに向かって、「Hey Siri、タイマー1時間」と声を掛けますと、1時間後にiPhoneが教えてくれます。あるいは料理の途中で手が練れている場合には「Hey Siri、10分後にタイマー」という具合に声をかければ、10分後にiPhoneから声がかかります。

ボイス操作(4)・・・外国語翻訳

この機能はとても便利です。下手な翻訳アプリをインストールなどはほとんど必要としません。しかも、「日本語」からの翻訳はiOS12から対応するようになりました。例えば、、、「Hey Siri、英語に翻訳 この前の週末の旅行はどうだった?」、あるいは「Hey Siri、英語に翻訳 ミュージアムへの行き方を教えて?」というように日常会話が不自由することなくできるため、便利につきます。

ボイス操作(5)・・・電卓機能

Siriには電卓機能が備わっています。例えば、買い物をしているときに、「Hey Siri、8980かける1.08は?」と問いかけると、9698.4と答えてくれます。連続した足し算もやってくれます。「Hey Siri、25+38+48+9は?」と問いかけますと、120と答えてくれます。このように電卓画面を出して操作する必要はなく、使い勝手がいいです。

ボイス操作(6)・・・リマインダ・セット

「Hey Siri、明朝8時にカメラを持つとリマインド」「Hey Siri、帰宅したらドラマを予約するとリマインド」というような使い方もできます。この場合は、iPhoneに自宅住所を登録しておく必要があります。

やや面倒なのは予め指で設定画面に対して登録しなければならない点です。

ボイス操作(7)・・・今聴いている音楽の曲名、アーティストを教えてくれる

「Hey Siri、この曲なに?」と問いかけると、Siriから「もう少し聞かせてくださいね」と返答あった後、「この曲が見つかりました」と同時に曲名とアーティスツを答えてくれます。というのもSiriは「Shazam」と連携していて、このような機能が利用できるようになっています。つまり、わざわざ「Shazam」アプリをダウンロードしてインストールすることはありません。

ボイス操作(8)・・・iPhoneの所在を教えてくれる

あれ! 私のiPhoneはどこだっけ! といって大騒ぎすること、よくありますね。こんな時にSiriが探してくれます。「Hey Siri、どこにいるの?」と問いかけますと、すぐさま、Siriが「私はここにいます」と返答してくれます。この返答だけではわかりにくい場合は、「Hey Siri、音楽をかけて」と話しかければ、音楽が再生されて所在が分かるようになります。

ボイス操作(9)・・・経路の検索

たとえば、「Hey Siri、ここからスカイツリーに行きたい」と問いかければ、直ちに経路を検索して答えてくれます。

あるいは、「Hey Siri、この近くのレストランを教えて」と問いかければ、近くのレストランを教えてくれます。

ボイス操作(10)・・・電話を発信したり着信通知を読み上げたりすること

「Hey Siri、〇〇さんに電話して」、あるいは「Hey Siri、ハンズフリー(スピーカー)で〇〇さんに電話して」と話しかけると、Siriは相手に電話をしてくれます。

掲載の画像は連絡先に登録していない場合の画像です。つまり、予め連絡先に登録し、iPhone設定画面で「音声で知らせる」この機能をオンにしておきます。また、読み上げが周りに聞かれたくない場合はヘッドフォンを使って音声通知を受けるようにします。

ボイス操作(11)・・・世界の天気や時刻を知る

海外旅行や海外出張などにはもってこいの機能です。「Hey Siri、ロンドンは今何時?」と問いかければ、「1:07」と答えてくれます。

そのほかにも、様々な雑談にも応じてくれます。

例えば、「Siriの昔話を聞かせて」「怖い話をして」「歌って」というようにいろいろな話をしてくれます。とにかく、いろんなことを話してみましょう。