iPhoneSEに関するQ&A集(8)ー ファミリー共有編

固い絆で結ばれている家族間や信頼のおける人達の間でiPhoneSE、あるいはiPadを通して様々な詳細情報を共有する機能をiPhoneは持ち合わせています。この機能(=ファミリー共有)を有効かつ便利に用いることが一歩も二歩も先んじることができます。

ファミリー共有って何

簡単明瞭に言いますと、家族でクレジットカード、位置情報などを共有して即座に見えるようにしたいということがファミリー共有というです。iPhoneSEにおいてはAppleIDを共有化させて購入することで可能となります。例えば、様々なアプリ、音楽、本などのコンテンツを共有して買うと有効性と便利さが増加するのではないかと思います。しかも、共有する数々のサービス及び機能は細部に亘って設定することができるため、プライバシーは堅固に保護されます。また、家族で購入した場合の支払いはすべて「管理者」が行う仕組みになっていて、決して、1つのApple IDを家族で共有することはありませんし、家族一人ひとりのそれぞれのApple IDを持つことができるようになっています。家族の中で13歳以下の子供がいる場合は「お子様用のApple IDを作って「管理者」が機能制限をかけて運用します。いわゆる、ペアレンタルコントロールという機能です。

ファミリー共有を始めるにあたって

ファミリー共有に参加する家族全員が以下の条件を満たしていることが条件となります。

①参加する家族全員がiCloudにログインしていること。

②iOS 8以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touch、または OS X Yosemite以降を搭載したMacであること。

また、購入したコンテンツ、Apple Musicなどのサブスクを共有したい場合、管理者は有効な支払方法をあらかじめ登録しておかなければなりません。

支払方法の追加

支払方法の追加の手順は以下の通りです。

[設定] → [ユーザー名] → [支払いと配送先] → [お支払方法を追加]

ファミリー共有設定の概略フロー

①管理者となる成人の家族一人がファミリー共有のグループを作成します。

②家族と共有する機能を選択します。

③ファミリー共有に参加するメンバーを招待します。

④参加の依頼を受けたメンバーが参加承認すれば、ファミリー共有の運用開始となります。

ファミリー共有の設定方法

ホーム画面上の「設定」ボタンをタップした後に[ユーザー名] → [ファミリー共有を設定]の順にタップします。

今すぐ始める

「今すぐ始める」が表示されて、ナビに沿って操作を行っていきます。

[今すぐ始める]をタップします。万が一、[今すぐ始める]が表示されなかった場合は

以前に「今すぐ始める」からの操作を行ったことがある場合、操作を途中で中止したつもりで、すでにファミリー共有の設定が完了したとみなされていることがあります。このような場合、もう一度「ファミリーメンバーを追加」をタップしてメンバに加えます。次に、下記の画面に対して、共有する機能を選択します。

共有したい機能を一つ選択しますが、まだ決めていない場合はあとで追加または変更ができますので、取り合えず仮決めして先に進めましょう。この例では、「iTunes&App Storeの購入」を選択します。

後で共有機能を選択する場合

上記の画面のように家族と共有する機能は、「ファミリー共有」設定画面の「共有機能」から設定することができます。

Apple IDと支払方法の確認

共有機能として、「iTunes&App Storeの購入」を選択した場合、Apple IDのアカウントと支払方法の確認画面が出力されますので、必ず出力内容に問題がなければ[続ける]をタップします。

購入ごとに支払いを分けることはできない

ファミリー共有に参加しているメンバーの支払はすべて管理者が行うことになっています。ファミリー共有に参加する前にクレジットカードの情報を登録したとしても、一旦参加してしまえば、管理者が登録した支払方法に切り替わってしまいますので、要注意です。

このような事態を回避するためには、ファミリー共有ではなく、家族共用のApple IDを作成しておく策も考えられます。しかし、この方法の場合はApple IDが異なることが発生するケースが考えられ、このケースではあらためてログインする手間が増えることになります。

メンバーを招待

下記の画面に表示されている「ファミリーメンバーを招待」をタップします。その結果、クレジット・カードのセキュリティ・コードの入力が求められます。入力が終えると「次へ」をタップします。

次に、招待するファミリーのApple IDを入力します。その結果、下記のように「新規メッセージ」が起動表示されます。

そこで、「宛先」にファミリー共有に招待する家族にApple ID、すなわち、メールアドレスを入力するか、宛先欄の右端の+ボタンをタップして連絡先をオープンして招待する家族を選択します。これらの入力が終えれば、「送信ボタン」をタップします。

上記の画面の下に表示されている「完了」ボタンをタップして先方が登録して承認することを待ちます。

登録案内の確認及び削除

先方に送信した招待登録案内に対して「設定アプリ」をオープンしますと、「ファミリー共有」欄に「登録案内を…通送信」というメッセージが表示されます。このメッセージをタップしますと、招待した人のApple IDを確認することができます。確認後、この登録案内に対して気に入らなければ削除することができます。

登録案内の承認

先方から登録案内がメッセージアプリに来状されてきますので、問題がなければ承認してファミリーメンバーに参加します。

①来状した案内をオープンします。

②登録案内を承認します。

招待した人の名前とApple IDが表示されていて、確認して問題がなければ「ファミリーに登録する」をタップします。この段階で、すでにファミリー共有の設定が終えていれば、「……さんのファミリーに切り替えますか?」のメッセージが出力されます。

ここで初めて、「新しいファミリーに登録する」をタップして共有機能を承認します。これが下記の画面です。

表示されている「購入アイテムを共有」をタップしますと、一連のプロセスは完了となります。下記の画面は完了したことを表わした画面です。

ファミリー共有を停止する場合

諸般の事情によりファミリー共有を停止したいことが起きうる場合があったときのプロセスは以下の通りです。

[設定] → [ユーザ名] → [ファミリー共有]の順にタップしていけば、下記のような画面が表示されます。表示された名前を確認して問題がなければ、「ファミリー共有を停止」をタップすれば、グループの解散という運びになります。メンバーの場合は、「ファミリーから登録解除」をタップして退会となります。

ここで、注意することは13歳未満の子供がグループに含まれている場合、解散する前に別のグループに移行する必要があることです。なぜならば、「お子様用アカウント」は単独として存在することはできないためです。